紅美ちゃんと通話が始まりました。
これエッチ通話なんです。
モテたことがない僕です。
こんな形で女の子と話ができるなんて、最高の幸せを感じました。
しかもエロい話がOKなんですから。
普段は下ネタを嫌う女の子。
でも心の中では、とってもエッチな気持ちが渦巻いているのがよく分りました。
老舗の出会い系サイトだからこそ、知り合えたんだなと思います。

 

 実は、オナ電初体験です。
テレフォンセックスは知っていましたが、やったことがありません。
こういうのは、モテる男がやるものなんて思っていましたから。
でもモテない僕が、オナ電に成功したのです。
「履いているパンツどんなの?」
「今は、白地に青の水玉のやつ」
こんなことに答えてくれるなんて、現実ではありえません。
ネットの中だからなのです。
対面していないからだと思うのです。
女の子のエッチな発言に、心臓バクバクです。
「エッチな気分だから、マン汁でちゃってた?」
「出てるかもしれない…」
「パンツでも染みちゃって?」
「うん…」
「パンツの上から、オマンコ弄ってみて」
「はい…はぁ…あ…ああ…」
吐息がエロでした。
指示を出して、それに従ってオナニーをしてくれます。
信じられない気持ちです。
女の子と、こんな交流初めてなんです。
もしかしたら、これがセフレ探しの第一歩になるかもしれません。
相手が喜びそうな言葉を、頑張って搾り出していきました。
「あっ…いやぁ…ああ、汁が凄い…あ、気持ちいい」
紅美ちゃんの強烈なアヘ声に、チンコバリバリ勃起しっ放しでした。
彼女のアクメを待ち、ザーメンを吹き出させていきました。
ものすごい興奮と、その後の余韻でした。
「時間あるとき、また通話しない?」
「うん、いっぱいエッチなこと言ってくれる?」
「たくさん感じるようにしてあげるから」
「うん」
紅美ちゃんと、素晴らしい時間を共有することに成功しました。

 

定番サイト登録無料
セフレサイトBEST5
セフレ希望の女の子を探すなら迷わずココ!